かえるーむ

茸で待ち合わせ
錫・アンチモン・鉛

阪神百貨店 梅田本店で、5/29〜6/4の期間、「かえるーむ」という蛙作品の展示即売会があるということで、午後から暇だったこともあり、ちょっと覗いて来ました。

普段であれば、見つけた途端に購入するのでは、と思うような素晴らしい作品が並んでいたのですが、一同に会してしまっているために、目移りというか、際立って欲しいというものが見えなくなってしまうんですね。(いや、全部買うような財力があれば別なんですが。)

何となくブースをぐるぐる回って、結局、カエル工房という鳥取県にお店のあるところの「茸で待ち合わせ」というストラップを買いました。錫で出来ているので程々の値段ということもありますが、繊細でリアルな蛙の造形も気にりました。どうも、自分の趣味は可愛い系ではなく、リアル系のようです。
お釣りで千円札が崩れ、百円玉がいくつか溜まったので、会場に設置されていた奇譚クラブの「川内村のモリアオガエル」シリーズのフィギアをガチャガチャを回して購入。ストラップとマグネットの全10種のうち、斑紋が極少のマグネットが出ました。

モリアオガエルマグネット
斑紋(極少)

このガチャガチャのケースの中には福島県双葉郡川内村にある「かわうちの湯」の入浴料200円割引券が付いているのですが、そこに「自然の村長 モリタロウくん」という川内村のキャラクターが印刷されていました。新しいキャラを知って、ちょっと得した気分。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

大和葛城山

ヤマツツジで真っ赤に染まる葛城山

一目百万本といわれる、大阪と奈良とにまたがる葛城山に行って来ました。

ツツジは蕾も結構あり、満開まではいかないものの、山を埋め尽くす真っ赤な景色に圧倒されました。(人の多さにも。また、ロープーウェイを待ち続ける人々の我慢強さにも。)

ツツジを堪能して下山する途中、水が染み出している岩場の影から、「クックック」という蛙の声。

足を止めてよく探した結果、見つけました!

岩陰に見つけた蛙

種類はよくわからないのですが、おそらく山の渓流側によくいるタゴガエルなのではないかと思います。カメラで撮影しようとしたら、よりによって電池切れになるなど、ハプニングがありまして、あまりよい写りではないのですが、何とか1枚撮ることができました。

本物の蛙とはこれが今年初の遭遇。こんなサイトで文章を書きながら、あまり蛙には会っていないのでした。

蛙と相性の良い山吹も、名残の八重山吹が咲いておりましたので、ツツジと一緒に撮影。

山吹とツツジ
Posted in 未分類 | Leave a comment

藤の花

九尺藤のそばにいたイモリ

丹波白毫寺の九尺藤を、雨のなか見てきました。蛙の鳴き声に包まれる大変良い環境でしたが、声はすれども姿は見えず、ということで、残念。イモリはいっぱいいたのですが・・・

雨に濡れた九尺藤

 

Posted in 未分類 | Leave a comment